国民 協議継続求めるも 立民 打ち切り示唆 直ちに合流は困難に

国民 協議継続求めるも 立民 打ち切り示唆 直ちに合流は困難に
k10012252871_202001210436_202001210438.mp4
国民民主党は20日、立憲民主党との合流について協議継続を求めることを正式に決めましたが、枝野代表は協議の打ち切りを示唆していて、両党が直ちに合流するのは困難な状況となっています。
国民民主党は20日、両院議員総会を開いて、合流について速やかに合意すべきだとする決議案が出されましたが反対多数で議題とされず、立憲民主党に協議継続を求めることを正式に決めました。

ただ立憲民主党では枝野代表が協議の打ち切りを示唆しているほか、幹部の中からも「これ以上、交渉する余地はない」という意見が出ており、国民民主党の求めに応じるかどうかは慎重に判断するものとみられます。

また協議を継続したとしても、国民民主党の玉木代表自身もまずは通常国会の論戦に集中すべきだとしており、当面、実質的な協議は行われない見通しで、両党が直ちに合流するのは困難な状況となっています。

通常国会に一枚岩となって臨みたいとしていた野党側の結束にひずみが出ることも予想されます。

自民 二階幹事長「どうぞご自由に」

自民党の二階幹事長は、記者会見で「野党の合流には特別期待もしていないし、合流しないほうがいいとも思っていないので、合流しようがしまいが、『どうぞご自由に』という感じだ」と述べました。