「スマホ1日60分」を「ゲームのみ」に修正 条例素案 香川

「スマホ1日60分」を「ゲームのみ」に修正 条例素案 香川
k10012252621_202001202126_202001202127.mp4
香川県議会は依存症対策としてスマートフォンやゲームなどの利用を制限する条例の素案を修正して委員会で決定し、来月の定例県議会に提出する方針です。当初、18歳未満の子どもを対象に平日は1日60分以内としていた利用時間は、対象をゲームに限定するなどとしています。
香川県議会の委員会は非公開で行われ、今月10日に示された条例の素案を一部修正した案を正式に決定しました。

それによりますと、当初案では18歳未満の子どもを対象に依存症につながるようなスマートフォンやゲームなどの利用時間を1日当たり
▽平日は60分、
▽休日は90分を上限とするとしていましたが、修正案では時間の上限を設けるのはゲームだけに限定しています。

また一日当たりのゲームの時間の上限と夜間の使用時間の制限については、当初案では保護者が子どもに「ルールを順守させる」としていましたが、修正案では「ルール作りの基準とするとともに、ルールを順守させるよう努めなければならない」と変更しています。

委員会では今月23日から県民の意見を募ったあと、来月の定例県議会に条例案を提出する方針です。

委員会の委員長を務める香川県議会の大山一郎議長は「当初案は決してインターネットやゲームのすべてを否定したものではなかったが、表現が誤解を受ける可能性があったため修正した」と述べました。