バスケットボール女子Wリーグ球宴 MVPは馬瓜エブリン

バスケットボール女子Wリーグ球宴 MVPは馬瓜エブリン
バスケットボール女子、Wリーグのオールスターゲームが行われ、馬瓜エブリン選手が21得点をあげる活躍で前回に続きMVP=最優秀選手賞を受賞しました。
Wリーグのオールスターゲームは東京・立川市で行われ、ファン投票やリーグの推薦などで選ばれた30人が出場しました。

これまでは東と西でチームを分けて選出していましたが、ことしは東西のチームからファン投票で5人ずつ選び、それぞれの最多得票の選手2人が交互に残りの選手を指名してチーム分けをするという方式に変わりました。

試合はJXーENEOSの吉田亜沙美選手などのグリーンと渡嘉敷来夢選手などのブルーの対戦となりました。

試合はグリーンがトヨタの馬瓜エブリン選手の21得点をあげる活躍もあって、101対90で勝ちました。

馬瓜選手は、前回に続きMVP=最優秀選手賞を受賞しました。