中国 故宮の閉館中に高級車で乗りつけ SNS投稿に批判相次ぐ

中国 故宮の閉館中に高級車で乗りつけ SNS投稿に批判相次ぐ
中国の北京にある世界遺産の「故宮」で、閉館中に高級車で乗りつけ、記念写真を撮影してSNS上に公開した若い女性の書き込みに対し、「特権階級の差別待遇」だなどといった批判が相次いで、炎上し、大きな話題になっています。
北京にある代表的な観光スポットでもある世界遺産の「故宮」は、明や清の時代の皇帝の宮殿跡で、現在は180万点を超える収蔵品がある博物館となっています。

車の乗り入れが禁止されているほか、おととしからは入場者の数が制限され、一般の人は事前に予約をしないと見学できなくなっています。

こうした中、閉館中の故宮の見学を特別に許可された2人の若い中国人の女性が、高級車で乗りつけ、記念写真を撮って中国版ツイッターのウェイボーに投稿したところ、18日から19日にかけて「故宮は特権階級の駐車場ではない」とか、「怒りが止まらない」などといった批判の書き込みが相次ぎ、炎上しました。

中国の国民の間では、共産党の幹部やその関係者からなる特権階級が、権力を利用して特別待遇を受けたり不当な収入を得たりしているとして反感が広がっています。

中国当局は、2人のウェイボーのアカウントを閉鎖する一方、批判の書き込みも次々と削除しており、国民の間で共産党への批判が高まることに神経をとがらせていることがうかがえます。