日本航空機 操縦室の窓にひびが入り離陸中止 成田空港

日本航空機 操縦室の窓にひびが入り離陸中止 成田空港
k10012250321_202001181254_202001181254.mp4
18日午前、成田空港から中国・上海に向かう日本航空機が、離陸滑走中に操縦室の窓にひびが入ったため、離陸を取りやめるトラブルがありました。乗客乗員にけがはなく、日本航空が原因を調べています。
日本航空によりますと、18日午前10時ごろ、成田空港から中国・上海に向かう日本航空873便、ボーイング787型機が離陸滑走中に、操縦室の窓にひびが入り、離陸を取りやめたということです。

当時、機体は離陸滑走をはじめた直後で、時速55キロほどの速度が出ていましたが、乗客乗員79人にけがはなかったということです。

その後、機体は自走で駐機場まで戻りましたが、操縦室に4枚ある窓のうち、機長の座席の正面にある縦およそ1m、横およそ1m10cmの、ガラスとアクリルの3層構造になっている窓1枚に網目状にひびが入っていたということです。

乗客は別の機体で再び出発したということです。

日本航空は、「原因を調査したうえで適切に対応していきます」とコメントしています。