「ミスタードラゴンズ」高木守道さん死去 中日で2度監督

「ミスタードラゴンズ」高木守道さん死去 中日で2度監督
プロ野球・中日で俊足好打の内野手として通算2000本安打を達成し監督を2回務めた高木守道さんが17日亡くなりました。78歳でした。
高木さんは岐阜市出身で、県立岐阜商業から昭和35年に中日に入団しました。

走攻守3拍子そろった選手として盗塁王を3回獲得したほか、セカンドの守備で見せた「バックトス」など巧みなプレーでゴールデン・グラブ賞にも3回輝きました。そして通算2274安打をマークし「ミスタードラゴンズ」と呼ばれました。

現役引退後、中日の監督を務め、平成6年には巨人との同率首位で迎えたシーズン最終戦、いわゆる「10・8決戦」で長嶋茂雄監督率いる巨人に敗れ、優勝することはできませんでした。

高木さんは平成18年に野球殿堂入りし、70歳だった平成23年のオフに再び監督に就任して翌年から2シーズン、チームを率いました。

球団関係者によりますと、高木さんは17日午前、名古屋市内で急性心不全のため亡くなったということです。78歳でした。

5日前までラジオ出演

高木さんは去年10月に、国鉄と巨人で活躍した金田正一さんが亡くなった時に、NHK名古屋放送局の取材に応じていました。高木さんははっきりした口調で現役時代の金田さんとの対戦を振り返っていました。

また、5日前の今月12日には、地元・名古屋のラジオ番組に出演していました。この中で、元中日のピッチャーでタレントの板東英二さんから「お変わりございませんか」と聞かれると、「お変わりございません」と答えるなど、元気な声を届けていました。

長嶋茂雄氏 「10・8決戦 忘れられない」

高木さんが亡くなったことを受けて巨人の長嶋茂雄終身名誉監督は球団を通じてコメントを出しました。

その中で長嶋終身名誉監督は高木さんとの忘れられない出来事として、平成6年にともに監督として同率首位で迎えた両チームにとってのリーグ最終戦、いわゆる「10・8決戦」をあげました。

長嶋終身名誉監督は、「何といっても互いに死力をつくした10・8決戦。巨人の胴上げをじっと見つめていた表情は忘れられません。野球界にとって貴重な人材を失い残念です」としのびました。

また、「私が立教大学の選手の時に県立岐阜商業に野球を教えに行きました。その時に守備がうまくて足も速いすごい選手がいると思ったことを今でも覚えています。プロでは華麗なバックトス、対戦相手にとって嫌なしぶといバッティングで中日を代表する選手になりました」と振り返っていました。

今中氏「胴上げしたかった」

高木さんが中日で2度にわたって監督を務めた際、選手やコーチとしてともに戦った今中慎二さんは「去年12月のOB会でお会いしたときに近況報告やゴルフの話をしたのが最後になった。とても元気そうに見えたので突然の訃報に驚いた」と話しました。

そして、監督としての高木さんについて「時にはきつくしかられることもあったが、高木さん自身が何か間違いを犯したときには必ず選手に対しても謝ることができる監督だった。ことば数の多い人ではなかったが、勝負に対する熱い思いを持った人だった」と振り返りました。

そのうえで、平成6年に巨人との同率首位で迎えたシーズン最終戦、いわゆる「10・8決戦」で自身が先発を務め、長嶋茂雄監督率いる巨人に敗れて優勝を逃したことなどに触れ、「『10・8決戦』など惜しいところまでいったシーズンもあったが選手としてもコーチとしても高木監督を胴上げすることができなかったのが悔やまれる。一度でいいので胴上げしたかった」と高木さんの死を惜しんでいました。

与田監督「非常に熱い人」

高木さんが中日で最初に監督を務めた際、選手として在籍していた中日の与田剛監督は、球団の広報を通じて「非常に熱い監督で叱られながらも試合に使っていただき感謝しています。突然の訃報で驚きましたが心からご冥福をお祈りいたします」とコメントしています。

母校 岐阜商業の鍛治舍監督「偉大な存在」

高木さんが亡くなったことを受けて、県立岐阜商業野球部の10学年下の後輩で、現在、監督を務めている鍛治舍巧さんは「プロとアマチュアの違いはありながら、同じく野球の道に進んだ先輩として尊敬していたので本当に残念です。偉大な存在ですが、構えずに親しく接してくれる人でした」と話していました。