中国 武漢の新型ウイルス肺炎でネット上に疑問の声

中国 武漢の新型ウイルス肺炎でネット上に疑問の声
中国の湖北省武漢で新型のコロナウイルスによるとみられる肺炎が相次いでいる問題で、中国のインターネット上では「どうして中国では武漢以外、一例もないのか」などと疑問の声が投稿されています。一方、中国当局は医療機関への不満を訴える書き込みを削除するなど、情報統制を強化しています。
日本では武漢に渡航していた神奈川県に住む中国籍の男性が、日本に戻って肺炎の症状を訴え、新型コロナウイルスへの感染が確認されたほか、タイでも武漢から観光で訪れた中国人女性2人の感染が確認されています。

一方、中国では武漢の保健当局が、これまでに41人の患者が確認され2人が死亡したとしていますが、武漢以外での感染例は発表されていません。

こうした中、中国のインターネット上では「どうして国内では武漢以外、一例もないのか」とか、「とても奇妙だ。このウイルスは外国だけで広まるのか」などと、疑問の声が書き込まれています。

さらに、「政府のニュースは信じられない」とか、「データは隠さないほうがいい」など、当局の発表に疑いを投げかける指摘もみられます。

一方、中国版ツイッターのウェイボーでは、武漢の医療機関では発熱の患者が多すぎて、入院を断られたなどと医療機関への不満を訴える書き込みがすぐに削除されるなど、不安が広がらないよう中国当局が情報統制を強化しています。