SBIホールディングスと筑邦銀行 資本業務提携へ

SBIホールディングスと筑邦銀行 資本業務提携へ
k10012248641_202001170442_202001170444.mp4
インターネット金融と地方銀行の新たな連携が動きだします。ネット証券などを手がけるSBIホールディングスと福岡県の筑邦銀行が資本業務提携し、ITを駆使して地方の企業を支援する取り組みなどを強化することになりました。
関係者によりますと、ネット金融大手のSBIホールディングスは、福岡県に本店がある地方銀行、筑邦銀行の株式を数%取得し、資本業務提携します。

両社は提携をきっかけに筑邦銀行の取引先企業にSBIが出資する企業を紹介するなどして販路の拡大につなげるほか、SBIが得意としている金融とITを融合したフィンテックを活用して地域通貨を発行することにしています。

SBIは地方での顧客基盤を強化するため、去年、島根銀行や福島銀行と相次いで資本業務提携し、地方銀行との連携を強化しています。

一方、地方銀行も長引く低金利や人口減少で厳しい経営環境が続き生き残りをかけて他社との業務提携に踏み切る動きが増えています。

ネット金融と地方銀行が手がける新しいサービスが地元企業の活性化や地方銀行にとっての新たな収益源となるのか注目されます。