タイ拠点の振り込め詐欺グループ 新たに男2人逮捕 主犯格か

タイ拠点の振り込め詐欺グループ 新たに男2人逮捕 主犯格か
k10012248391_202001162222_202001162223.mp4
タイで日本人をねらった振り込め詐欺グループの拠点が摘発された事件で、新たに男2人が逮捕され、警視庁はうその電話をかける「かけ子」を集めるなど、2人が主犯格とみて調べています。調べに対し容疑を否認しているということです。
去年3月、タイ中部のパタヤで日本人をねらった振り込め詐欺グループの拠点が摘発された事件では、現地でうその電話をかけていた「かけ子」など、26人が逮捕されています。

警視庁がさらに捜査を進めたところ、いずれも住所、職業ともに不詳の安武健吾容疑者(36)と平田晋平容疑者(34)が、福井市の女性など3人から、合わせて電子マネー78万円分をだまし取った事件に関わったとして、組織的詐欺の疑いで逮捕しました。

「かけ子」の多くは福岡の歓楽街などで借金を重ねた多重債務者で、警視庁は今回逮捕した2人が「かけ子」らを集めて現地に送り出したり、「月1億円以上稼げ」などとノルマを指示したりする、主犯格だったとみて調べています。

調べに対し安武容疑者は容疑を否認し、平田容疑者は黙秘しているということです。