阪神・淡路大震災からあすで25年 夜を徹し「追悼のつどい」

阪神・淡路大震災からあすで25年 夜を徹し「追悼のつどい」
阪神・淡路大震災から17日で25年になるのを前に、兵庫県伊丹市の公園では、震災で亡くなった人の人数と同じ6434本のろうそくを、夜を徹してともし続ける「追悼のつどい」が行われています。
この「追悼のつどい」は、伊丹市の「昆陽池公園」で地元のボランティア団体が震災の翌年から行っています。

ことしも震災で亡くなった人の人数と同じ6434本のろうそくに明かりがともされ、地震が発生した時刻の12時間前にあたる午後5時46分に、全員で黙とうをささげました。

ろうそくには「震災を忘れない」とか「命を大切に」などと書かれていて、参加した人たちは静かに犠牲者を悼んでいました。

10歳の息子を連れて訪れた46歳の男性は「震災のことをしっかりと息子に伝える機会になりました。当時の記憶を共有し、今後の備えに生かしたい」と話していました。

ろうそくは17日の午前5時46分まで、ともされ続けることになっています。