新型コロナウイルス 国内初の感染者 空港で警戒強める

新型コロナウイルス 国内初の感染者 空港で警戒強める
中国の湖北省武漢に渡航していた男性から新型のコロナウイルスが検出され、国内でも初めて感染者が確認されたことを受け、関西空港では警戒を強め、海外から到着した人に対して、せきや発熱などの症状がある場合は申し出るよう呼びかけています。
厚生労働省などによりますと、神奈川県に住む30代の中国籍の男性が武漢に渡航していた今月3日に発熱し、6日に日本に帰国したあと肺炎の症状で入院しました。

検査の結果、新型のコロナウイルスへの感染が分かり、国内でも初めて感染者が確認されました。

これを受けて、武漢との直行便がある関西空港の検疫所では警戒を強め、海外から到着した人が通る検疫エリアに、中国で新型のコロナウイルスによるものとみられる肺炎が発生していることを知らせるポスターを設置して、せきや発熱などの症状がある人は申し出るよう呼びかけています。

また、検疫所の職員は体の表面の温度を示すサーモグラフィーの画面を見つめながら、発熱している人やせきこんでいる人がいないか入念に確認していました。

関西空港では今月下旬の中国の正月、「春節」に合わせて多くの中国人観光客が訪れることが見込まれています。

関西空港検疫所の上野健一検疫課長は、「国内で感染が確認されたのは1人なので過度に心配せず、手洗いやアルコール消毒など一般的な予防対策をしっかりしてほしい」と話しています。

中部空港でも警戒

愛知県の中部空港では、中国南方航空とウルムチ航空の2社が、武漢への直行便を週に5便運航しています。

このため、中部空港でも警戒を続けていて、体温に反応するサーモグラフィーなど通常の検疫に加えて、入国する人や出国する人にむけて日本語、それに英語、中国語で書かれたポスターを掲示し、せきや発熱などの症状がある人は検疫官に申し出るよう呼びかけています。