小学校で児童にシンナー系塗料かかり9人が搬送 大阪

小学校で児童にシンナー系塗料かかり9人が搬送 大阪
k10012248001_202001161719_202001161721.mp4
16日午後、大阪・住之江区の小学校で工事用の容器が誤って落下し、中の塗料が飛び散って近くにいた8人の児童と教師1人にかかりました。

いずれも症状は軽いということで、警察や学校が詳しい状況を調べています。
16日午後4時前、大阪・住之江区の加賀屋小学校から「児童にシンナーがかかった」と消防に連絡が入りました。

大阪市などによりますと小学校では当時、校舎の防水工事が行われていて、作業員がシンナー系の塗料の入った容器をウインチで屋上に運んでいた際、誤って落としたということです。

落下した容器からは塗料が飛び散り、近くにいた8人の男子児童と女性教師にかかり、市によりますと児童のうち3人には塗料が目に入りました。

消防によりますと、9人はいずれも病院に搬送されましたが、症状は軽いということです。

警察や学校では、工事の関係者や児童から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。

孫が学校に通う女性 「驚いたし不安」

孫が学校に通っているという50代の女性は「救急車の音がして来てみたら、学校にいた子どもたちから『上から缶が落ちて、中の液体が目に入った子がいる』と聞いた。こんなことが起きて驚いたし、不安だ」と話していました。