公明代表も「河井夫妻はみずから説明責任を」

公明代表も「河井夫妻はみずから説明責任を」
自民党の河井克行・前法務大臣と妻の河井案里参議院議員が、広島地検から事務所の捜索を受けたことについて、公明党の山口代表は、今後も2人はみずから説明責任を果たすべきだという考えを示しました。
広島地検は15日、公職選挙法違反の疑いで自民党の河井案里参議院議員の事務所と、その関係先として夫の河井克行・前法務大臣の事務所を捜索し、2人は陳謝したうえで、離党や議員辞職は否定しました。

これについて公明党の山口代表は記者会見で、「事実関係をいちばん知っているのは本人だ。2人には、みずから説明責任を果たすよう求めたい」と述べ、今後もみずから説明責任を果たすべきだという考えを示しました。

また、「身の処し方は事実関係に基づいて本人が考えるべきことだ」と述べました。

そして、IR=統合型リゾート施設をめぐる汚職事件も含め、「現職の国会議員が捜査の対象になるのは極めて遺憾だ。国会でもさまざまな展開が予想されるので、政府・与党として、しっかりと対応すべきだ」と指摘しました。