史上最年少の囲碁棋士 仲邑菫初段 七大タイトル経験者と初対戦

史上最年少の囲碁棋士 仲邑菫初段 七大タイトル経験者と初対戦
史上最年少の10歳で囲碁のプロ棋士になった仲邑菫初段が16日、七大タイトルの獲得経験がある棋士と公式戦で初めて対戦しています。
囲碁の仲邑菫初段(10)は、去年4月、史上最年少の10歳0か月でプロ棋士となり、これまで17勝8敗の成績を挙げています。

仲邑初段は、16日、名古屋市東区の日本棋院中部総本部で、七大タイトルの1つ、「本因坊戦」の予選に臨んでいます。

16日の対戦相手は、30年前に「王座」のタイトルを1期獲得し通算1200勝を達成した、「中京のダイヤモンド」とも呼ばれる羽根泰正九段(75)です。

2人の年齢は65歳差で、仲邑初段が、七大タイトルを保持した経験のある棋士と対戦するのは、公式戦ではこれが初めてです。

午前10時に対局が始まり、仲邑初段は緊張した表情で一礼すると、少し考えるようなそぶりをしたあと、一手目を打ちました。

16日の対局はそれぞれの持ち時間が3時間で、対局は夕方ごろまで続くとみられています。