肺炎 専門家「過度に恐れる必要ないが今後の動向に注意を」

肺炎 専門家「過度に恐れる必要ないが今後の動向に注意を」
中国の湖北省武漢で新型コロナウイルスによるものとみられる肺炎が相次いでいる問題で、国内でも初めて感染者が確認されました。感染症に詳しい専門家に聞きました。

「手洗い徹底や人混み避けるなどで防ぐこと可能」

感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は「明らかに武漢への渡航歴があり、どこで感染したか明確なうえ、現時点でヒトからヒトへの感染も極めて限定的なので、国内で感染が確認されたからといって過度に恐れる必要はない」と指摘しています。

国内で感染するリスクについて、「中国からの報告でも、接触の機会が多い夫婦間でようやく感染が成立するということで、同じ航空機に乗ったり、飲食店で近い席に座ったりするなど、数時間行動を
ともにしたとしても、感染するリスクは現時点では低いと考えられる。今後、調査は必要だが、国内で感染が広がる可能性は低いだろう」と話しています。

そのうえで、「治療中の持病がある人は注意は必要だが、今回の肺炎よりもインフルエンザのほうが感染するリスクは高い。手洗いの徹底や人混みを避けるなど、インフルエンザと同様の感染予防対策と常識的な対応で十分防ぐことが可能だ。ただ今回のケースでは空港の検疫をすり抜けており、検疫ですべての患者を把握できるとは限らないので、中国・武漢から帰国して体調に異変を感じた人は
必ず渡航した場所を医師に告げて医療機関を受診してほしい」と呼びかけています。

こうした一方でウイルスの性質については分かっていないことが多いとして「ウイルスの性質が変化して、ヒトからヒトに感染しやすくなったり、高い病原性を持つようになったりすることも考えられるので、今後も注意は必要だ」と話しています。

「感染源を特定し 全体像見極める必要」

感染症の問題に詳しい東北大学の押谷仁教授は「ヒトからヒトへの感染が限定的に起きている可能性はあるが、現時点では感染が大きく拡大する可能性は低い」としています。

その理由として、これまで患者と濃厚に接触する医療従事者が感染していないことや、感染が次から次へと広がってはいないことを挙げ、「2003年に中国やアジア各地で広がった『SARS』のように効率的かつ持続的にヒトからヒトへの感染が起きているという兆候はみられていない。今後、感染の広がりを注意深く確認することが必要だ」と話しています。

その一方で、「現時点ではSARSなどに比べると重症度は低いと考えられるが、中国では感染が広がっている可能性が否定できない。早く感染源を特定し、全体像を見極める必要がある」と話しています。