株価 小幅に値上がり「米中第1段階合意も勢いは限定的」

株価 小幅に値上がり「米中第1段階合意も勢いは限定的」
16日の東京株式市場、日経平均株価は、小幅に値上がりしています。
日経平均株価、午前の終値は、15日の終値より34円32銭高い2万3950円90銭。

一方、東証株価指数=トピックスは、0.91下がって1730.15。

午前の出来高は4億9964万株でした。

市場関係者は「アメリカと中国が貿易交渉で第1段階の合意文書に署名したことを受けて買い注文が出ているが、合意のほかにさらなる進展につながる新たな情報がないとして、勢いは限定的だ。企業の第3・四半期決算の発表が始まる中、業績の見通しを見極めたいという投資家が多くなっている」と話しています。