立民と国民の合流 通常国会召集までの合意困難に

立民と国民の合流 通常国会召集までの合意困難に
立憲民主党との合流協議をめぐり、国民民主党は15日の衆参両院の議員を集めた懇談会でも結論は出ませんでした。来週20日の両院議員総会で、さらに対応を話し合うことにしていて、通常国会召集までの両党の合意は困難な情勢となりました。
国民民主党は、立憲民主党との合流協議をめぐり、15日、衆参両院の議員を集めた懇談会を開きましたが結論は出ず、通常国会の召集にあわせて来週20日に開く両院議員総会で、さらに対応を話し合うことになりました。

国民民主党内では津村副代表ら、中堅・若手の議員は、立憲民主党と速やかに合意したうえで、詳細を調整するよう求めていて、賛同者を募り総会の場で改めて玉木代表に決断を迫りたいとしています。

これに対し、玉木氏は政策の扱いや党名、人事などをめぐって折り合いがついていないことから協議を継続するよう求めたい考えで、総会で方針を決められるかが焦点となります。

一方、立憲民主党は通常国会までの合意を目指してきましたが、幹部のひとりは、「期限を区切っているわけではない」と述べ、国民民主党が方針を決めるのを待つことにしています。

ただ、立憲民主党内からは、国会召集までの合意が困難な情勢となる中、野党間の結束への影響を懸念する声も出ています。