出雲立てこもり “危害加えるおそれ”と親族が警察に相談

出雲立てこもり “危害加えるおそれ”と親族が警察に相談
島根県出雲市の運送会社で刃物を持った男が女性従業員を人質にとって立てこもったとして逮捕された事件で、男が他人に危害を加えるおそれがあると親族が事件の当日に警察に相談していたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察が詳しいいきさつを調べています。
千葉市の無職、中尾懐聖容疑者(23)は、島根県出雲市にある運送会社に14日 刃物を持って押し入り、女性従業員を人質にとって立てこもったとして、監禁の疑いで逮捕されました。女性はおよそ18時間後に解放され、けがはありませんでした。

警察のその後の調べで中尾容疑者が他人に危害を加えるおそれがあると親族が事件の当日、警察に相談していたことが捜査関係者への取材でわかりました。相談の直後に立てこもったため、事件を未然に防ぐことはできませんでした。

警察によりますと、中尾容疑者は立てこもりの最中、警察の説得に対し、「女性関係をめぐりこの会社で働いていた男性に恨みがある」などと話していて、事前に2本の刃物を準備していたということです。

警察は恨みを抱いていた会社関係者の男性に危害を加えようとしていたとみて詳しいいきさつを調べています。