三菱UFJ デジタル戦略担当の亀澤副社長が社長昇格へ

三菱UFJ デジタル戦略担当の亀澤副社長が社長昇格へ
三菱UFJフィナンシャル・グループは、デジタル戦略などを担当している亀澤宏規副社長をことし4月に社長に昇格させる人事を固めました。
三菱UFJフィナンシャル・グループは、三毛兼承社長が傘下の三菱UFJ銀行の頭取を兼務して2つの組織の経営トップを務めています。

関係者によりますと、ことし4月に三毛社長が退任して銀行の頭取職に専念し後任の社長にグループ副社長の亀澤宏規氏を昇格させる人事を固めました。近く開かれるグループの指名・ガバナンス委員会の提言を受けて正式に決定する見通しです。

亀澤副社長はグループと傘下の銀行でデジタル戦略の中心的な役割を担っています。

金融業界は低金利で収益環境が悪化する中、IT企業が決済事業などに次々と参入し競争が激しくなり、デジタル戦略の重要性が増しています。

三菱UFJとしては、デジタル戦略に詳しい亀澤副社長を社長に昇格させることで対応を加速させるねらいがあるものとみられます。