フィリピン噴火 地割れ相次いで確認 火山活動は依然活発

フィリピン噴火 地割れ相次いで確認 火山活動は依然活発
フィリピンの首都マニラ近郊で起きた火山の噴火で、周辺地域では地割れが相次いで確認されるなど、依然として活発な火山活動がうかがえることからフィリピンの火山観測機関は警戒を呼びかけています。
フィリピンの首都マニラの南、およそ60キロにあるルソン島のタール火山で今月12日に発生した噴火では、およそ4万3000人が避難生活を送っているほか、大量に降り積もった火山灰で農作物に大きな被害が出るなど、影響が広がっています。

こうした中、フィリピンの火山観測機関「火山地震研究所」は15日、火山の周辺地域で地割れが相次いで確認されたことなどを明らかにし、依然として活発な火山活動がうかがえるとしています。

こうした状況について、タール火山に詳しい名古屋大学大学院の熊谷博之教授は「マグマが上昇することで地面が変形し、地割れが起きている可能性がある」と指摘しています。

火山性地震もこれまでに500回を超えており、フィリピンの火山地震研究所は再び大きな噴火が起きる可能性もあるとして、噴火の警戒レベルを上から2番目のレベル4に維持し、警戒を呼びかけています。