テニス 男子ダブルス世界1位選手 薬物違反で全豪欠場

テニス 男子ダブルス世界1位選手 薬物違反で全豪欠場
男子テニスのダブルス、世界ランキング1位のコロンビアの選手が、去年10月に行われたドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示したとして、今月20日に開幕する全豪オープンを欠場することになりました。
男子ダブルスの世界1位で、コロンビアの32歳、ロベルト・ファラ選手は14日、自身のSNSで去年10月、コロンビアで行われたドーピング検査で禁止薬物に指定されている筋肉増強剤の陽性反応が出たとして、今月20日に開幕する四大大会初戦の全豪オープンを欠場すると発表しました。

ファラ選手は、去年、ウィンブルドン選手権と全米オープンの男子ダブルスで優勝しています。