官房長官 「桜を見る会」未記載問題 チェック体制強化指示

官房長官 「桜を見る会」未記載問題 チェック体制強化指示
「桜を見る会」の招待者名簿を行政文書の管理簿に記載していなかった問題で、菅官房長官は午後の記者会見で、内閣府で文書管理に関する指導や監督が十分行われていなかったとして、内部のチェック体制を強化するよう指示したことを明らかにしました。
この中で、菅官房長官は「文書管理者である課長が、文書管理をしっかり指導監督すべきだったが、十分ではなかった」と述べました。

そのうえで、菅官房長官は「内閣府に、直ちに内部のチェック体制を見直すように指示した。それぞれの課の中でのダブルチェック、さらに文書管理者である課長クラスによる厳重なチェックが必要だと考えている」と述べました。

また、菅官房長官は、みずからの責任について問われたのに対し「内閣府設置法では総理大臣の命を受けて、官房長官が内閣府の事務を統括することになっていて、そういう意味では私自身が担当だ。責任については文書管理法上の規定がすべてだ」と述べるにとどめました。