IR汚職事件 中国企業の元顧問ら現金小分けして持ち込みか

IR汚職事件 中国企業の元顧問ら現金小分けして持ち込みか
k10012246691_202001151810_202001151815.mp4
IR=統合型リゾート施設をめぐる汚職事件で、秋元司衆議院議員に賄賂が渡される前日に国内に不正に持ち込まれたとされる現金1500万円は、贈賄側の中国企業の元顧問らが3人で小分けにし、香港から複数の航空機で持ち込んでいたことが関係者への取材で分かりました。東京地検特捜部は、多額の現金の持ち込みが税関で発覚しないようにしていたとみて調べています。
IRなどを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司容疑者(48)は、平成29年9月の衆議院の解散日に中国企業側から現金300万円の賄賂を受け取ったなどとして14日、収賄の罪で起訴されたほか、那覇市で開かれたシンポジウムの講演料などとして合わせて350万円相当の賄賂の提供を受けたとして再逮捕されました。

贈賄の疑いで再逮捕された中国企業の元顧問、紺野昌彦容疑者(48)らは、300万円の賄賂を渡す前日に現金1500万円を国内に不正に持ち込んだ罪にも問われていますが、この現金は紺野元顧問と知人2人が3人で小分けにし、香港から複数の航空機で成田空港や関西空港に持ち込んでいたことが関係者への取材で新たに分かりました。

現金は贈賄側の中国企業が用意し、日本に持ち込む前には香港などの複数の会社の口座を経由させ資金の出所を分かりにくくしていた疑いもあるということです。

東京地検特捜部は、IR参入のための政界工作を目的にした多額の現金の持ち込みが税関で発覚しないようにしていたとみて、詳しい経緯を調べているものとみられます。

弁護士によりますと、秋元議員は容疑を全面的に否認しているということです。