就職氷河期世代採用募集 10人の枠に2000人近く応募 厚労省

就職氷河期世代採用募集 10人の枠に2000人近く応募 厚労省
k10012246641_202001151814_202001151816.mp4
いわゆる「就職氷河期世代」を対象に厚生労働省が正規職員の中途採用を募集したところ、10人の枠に2000人近い応募が寄せられました。
「就職氷河期世代」は、バブル崩壊後の就職が特に厳しかった時期に社会に出た人たちで、政府は、この世代の正規雇用を増やす取り組みを進めています。

この一環で厚生労働省が先月末に10人の中途採用を募集したところ、応募の締め切りの今月10日までに1934人の応募が寄せられたということです。

競争倍率はおよそ190倍に上る計算で、採用されれば、ことし5月から厚生労働省の本省で正規の職員として、政策の企画や立案に関する業務に携わることになります。

就職氷河期世代をめぐっては、各地の自治体でも正規職員として採用する動きが広がっていますが、非正規での就労を余儀なくされている人は50万人に上ると言われています。

厚生労働省は「意欲や能力を生かして活躍してもらえるよう、採用選考を進めるとともに、民間企業への就労支援にも力を入れていきたい」としています。

内閣府に685人の応募

いわゆる就職氷河期世代の支援の一環として、内閣府は、この世代の35歳から49歳を対象に、先月から今月にかけて職員の中途採用の募集を行いました。

その結果、係長級と係員級で、それぞれ「若干名」としている採用予定に対し、15日までに、合わせて685人の応募があったということです。

内閣府は今後、書類選考や面接試験を行い、来月下旬に内定者を決める予定です。