台風19号で不通 三陸鉄道 あすの一部再開を前に試運転

台風19号で不通 三陸鉄道 あすの一部再開を前に試運転
去年の台風19号の影響で路線のおよそ半分が不通となっている岩手県の三陸鉄道で、復旧作業が終わった一部区間の運転が16日再開されるのを前に、線路の安全を確認するための試運転が行われています。
岩手県沿岸を縦断する三陸鉄道リアス線は去年10月の台風19号で線路の地盤が流出するなどの被害を受け、全長163キロの路線のおよそ半分で不通が続いています。このうち宮古市の津軽石駅と山田町の陸中山田駅のおよそ17キロの区間は復旧作業が終わり、16日運転が再開されることになっています。

これを前に営業車両による試運転が行われていて、列車は通常の速度と同じ時速80キロほどで走行し線路の安全を確認していました。

三陸鉄道の金野淳一運行本部長は「あすの運転再開に向けて、最後の確認作業に取り組んでいます。全線再開を目指して少しずつ歩みを進めたい」と話していました。

三陸鉄道リアス線は3月20日に全線が復旧する見通しです。