障害者殺傷事件 19歳女性 「美帆さん」と呼んで審理

障害者殺傷事件 19歳女性 「美帆さん」と呼んで審理
k10012246191_202001151233_202001151240.mp4
相模原市の知的障害者施設で入所者19人が殺害されるなどした事件の裁判が横浜地方裁判所で開かれ、犠牲者で個人を特定する情報を伏せて匿名で審理されることが決まっていたものの、初公判に併せて遺族が下の名前を公表した19歳の女性について「美帆さん」と呼んで審理を進めることになりました。
平成28年7月、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者が次々と刃物で刺され19人が殺害されるなどした事件では、施設の元職員、植松聖被告(29)が殺人などの罪に問われています。

15日横浜地方裁判所で3回目の審理が開かれ、犠牲者で個人が特定される情報は伏せて匿名で審理されることが決まっていたものの、今月8日の初公判に併せて母親が下の名前を公表した19歳の「美帆さん」について、冒頭、裁判長が代理人の弁護士から上申書が提出されたとして「今まで『甲Aさん』と呼んでいましたが、これからは『美帆さん』と呼ぶことになります」と述べ、呼び方を変えて審理を進めることを説明しました。

裁判では検察官が被告の幼なじみで施設の同僚だった職員の調書を読み上げ「被告は当初、障害者に対する否定的な発言はなかったが、その後、差別し軽蔑するようになった」などと説明したことを明らかにしました。

初公判で右手をかむような動作をして暴れ退廷を命じられた被告は15日も厚手の白い手袋をして法廷に入り、弁護士の後ろの席に座って審理を聞いています。

母親「名前を出せてよかった」

今後の裁判で「美帆さん」という名前で審理が進められることについて、美帆さんの母親が弁護士を通じてコメントを出しました。

この中で母親は「『甲』とか『乙』とかいうものではない、名前を出すことで裁判員にも『美帆』という存在を知ってほしかった。名前を出せてよかったです」としています。