軽井沢町バス事故から4年 現場で犠牲者悼む

軽井沢町バス事故から4年 現場で犠牲者悼む
k10012246061_202001151317_202001151319.mp4
長野県軽井沢町で大学生など15人が死亡したスキーツアーのバス事故から15日で4年になります。事故現場には遺族などが訪れて犠牲者を悼みました。
平成28年1月15日の未明、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスがセンターラインを越えて道路脇に転落し、大学生など15人が死亡、26人がけがをしました。

事故から4年となる15日、事故現場の近くの慰霊碑には遺族などが訪れ、花を手向けて犠牲者を悼みました。

事故で当時、大学2年生だった息子の寛さん(当時19)を亡くした田原義則さんは「『二度とこのような事故が起きないような世の中にしていく』という息子との約束のもと、事故の再発防止を訴えてきました。国の対策が進んできているところもあると思うので、息子に『背中を押してくれてありがとう』と伝えました」と話していました。

また、事故で当時、大学1年生だった息子の陸人さん(当時19)を亡くした大谷慶彦さんは「この現場に来るたびに息子を亡くしたことを思い出して苦しい気持ちになります。国などには二度とこういう事故がないよう取り組んでほしいです」と話していました。

この事故では、バスを運行していた会社の社長と運行管理担当の元社員が、重大な事故を起こす可能性があると予測できたのに、大型バスの運転に不慣れな運転手への指導を怠ったとして業務上過失致死傷の疑いで書類送検され、長野地方検察庁が起訴するかどうか、今も捜査を続けています。

田原さんは、書類送検されたバスを運行していた会社の社長などへの検察の捜査が、事故から4年たった今も続いていることについて「なぜ息子たちが命を落とさなければいけなかったのかがいまだに決着が着かずつらい思いがあります。再発防止のためにも、どこに事故の原因があったのかを捜査ではっきりさせてほしいと願っています」と話していました。

事故を受けて、バス会社への監査体制が強化され罰則も厳しくなりましたが、監査や巡回を行う人員が足りない状態が続いています。

また、事故の遺族たちは、監査の体制だけでなく免許制度の在り方なども含めて対策をより強化するよう国への要望を続けています。

犠牲者を悼むとともに、バスの安全をどうやって確保していくのか改めて問われています。