バドミントン桃田選手 マレーシアを出発 夕方にも帰国予定

バドミントン桃田選手 マレーシアを出発 夕方にも帰国予定
k10012246041_202001151215_202001151226.mp4
マレーシアでの国際大会のあと交通事故にあい、現地で入院していたバドミントン男子、世界ランキング1位の桃田賢斗選手が日本時間の15日午前11時すぎ、首都クアラルンプールの空港を出発しました。15日夕方にも帰国する予定です。
桃田選手はマレーシアで開かれていた国際大会を終えて13日朝、空港に向かう途中、乗っていた車が高速道路でトラックに追突し、全身を強く打ったほか顔を切るなどのけがをしました。

桃田選手は現地の病院に入院し、全身のMRIなどの検査を受けていましたが、医師の許可がおりたとして15日帰国することになり、日本時間の午前9時すぎ、首都クアラルンプールの空港に到着しました。

桃田選手は黒い帽子をかぶり、サングラスにマスクを着用していて、自分で車を降りて、空港内を移動するための電動の車に乗り換えました。そして、時折、周りの様子を確認しながらしっかりとした足取りで、日本行きの便の搭乗口に入りました。

桃田選手が乗った便は日本時間の午前11時すぎ、クアラルンプールを出発し、15日夕方、成田空港に到着する予定です。

日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は桃田選手について、帰国後改めて精密検査を受けさせたうえで、およそ2か月後の全英オープンで復帰できるよう、サポートしていきたいという考えを示しています。