アイルランド 来月8日 議会下院選挙へ 約1年前倒し

アイルランド 来月8日 議会下院選挙へ 約1年前倒し
アイルランドのバラッカー首相は議会下院の選挙を予定より前倒しして来月8日に行うことを発表しました。バラッカー首相としては隣国イギリスとの協議を行ってイギリスのEUからの合意なき離脱を回避した成果をアピールすることで、より安定した政権基盤を目指すねらいがあるものとみられます。
アイルランドのバラッカー首相は14日首都ダブリンで記者会見し、来年春までに行われる予定の議会下院の選挙をおよそ1年前倒しして、来月8日行うことを明らかにしました。

バラッカー首相は「イギリスのEU離脱では合意を得ることができたし、国内経済も強くなっている。希望をもって将来に進んでいこう」などと述べ、選挙での支持を呼びかけました。

バラッカー首相としてはイギリスのEUからの離脱で最大の懸案だったイギリスの北アイルランドとの国境管理の問題などについて、みずからイギリスと協議を行ってまとめたことで合意なき離脱を回避できることになった成果をアピールする考えとみられます。

バラッカー首相が率いる統一アイルランド党は現在は少数与党で第2党の共和党の協力を得て政権を運営してきましたが、前倒しで行われる選挙で第1党の座を守り、より安定した政権を築くことができるかどうかが焦点となります。