日韓外相会談 「徴用」めぐる問題 議論は平行線

日韓外相会談 「徴用」めぐる問題 議論は平行線
k10012245921_202001151215_202001151224.mp4
茂木外務大臣は訪問先のアメリカで韓国との外相会談を行い、「徴用」をめぐる問題について、韓国政府の責任で解決策を示すよう改めて求めましたが、韓国側から新たな提案は示されず、議論は平行線をたどりました。
茂木外務大臣は訪問先のアメリカのサンフランシスコ郊外で、日米韓3か国の外相会合、そして日米外相会談に臨んだあと、日本時間の午前6時半すぎから、およそ45分間、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相と会談しました。

この中で茂木大臣は太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題について、韓国政府の責任で国際法違反の状態を是正し、解決策を示すよう改めて強く求めました。

これに対し、韓国側から新たな提案は示されず、議論は平行線をたどりました。

また韓国が見直しを求めている輸出管理の問題をめぐっても、日韓双方が従来の立場を述べるにとどまりました。

「徴用」をめぐる問題では1年3か月ぶりの先月の日韓首脳会談で、対話の継続によって解決を目指す方針では一致しましたが、日本側が解決策を提示すべきなのは韓国側だとしているのに対し、14日もムン・ジェイン(文在寅)大統領が日本側にも対応を求めるなど、隔たりは大きいままとなっています。