仏・独・英 イラン核合意で制裁再開につながる手続きへ

仏・独・英 イラン核合意で制裁再開につながる手続きへ
イランの核合意についてフランス、ドイツ、イギリスの3か国はイランが義務を果たしていないとして国連の制裁再開につながる手続きをとると発表しました。アメリカの離脱後も一定の理解を示してきたヨーロッパが手続きに踏み切ることでイランはいっそう厳しい立場に置かれることになります。
イランは核合意から一方的に離脱したアメリカへの対抗措置として、合意の義務の履行を段階的に停止し、今月5日には核合意で定められた制限に従わずウランの濃縮活動を強化すると発表しました。

これを受けてフランス、ドイツ、イギリスの3か国の外相は14日、共同声明を発表し、「われわれに残された選択肢はない」として核合意で定められた紛争解決の手続きをとると発表しました。

紛争解決の手続きでは各国による合同委員会を立ち上げ協議を通じて核合意の違反について解決を目指し、解決できなかった場合は国連の安全保障理事会でイランへの制裁を再開するかを決めることになります。

声明で3か国は「われわれの希望はイランに核合意を完全に順守させることだ」と強調し、あくまで目的は核合意の維持だとしています。

これに対してイランは核合意で約束された経済的な利益が得られておらず、ヨーロッパの3か国こそ合意を守っていないと反発するものとみられます。

ヨーロッパはアメリカの離脱後もイランに一定の理解を示してきましたが、手続きの開始によってイランはいっそう厳しい立場に置かれることになります。

イラン核合意「紛争解決メカニズム」とは

イランの核合意では、違反があった場合にそれを解決するための仕組み「紛争解決メカニズム」が盛り込まれています。

この仕組みではまず、合意の当事国であるイランとフランス、ドイツ、イギリス、ロシア、中国のいずれかが「合意違反がある」と認めた場合、すべての当事国が参加する合同委員会を立ち上げて解決を目指すことが決められています。

これで解決しない場合には、外相レベルなどによる協議を続けます。

これらの段階をへても当事国のいずれかが「重大な合意不履行が解消されない」と考えた場合、この国はみずから核合意の履行を停止することができるほか、国連の安全保障理事会に通告することができます。

安保理は通告を受けてから30日以内に、イランへの制裁の解除を続けるかどうか採決します。

もしも採決の結果、制裁解除の継続が承認されない場合、または安保理が何らかの別の決定を行わない場合には、核合意が結ばれる前に国連がイランに科していた制裁がすべて再開されることになります。