仏・独・英 イラン国連制裁再開につながる紛争解決手続きへ

仏・独・英 イラン国連制裁再開につながる紛争解決手続きへ
イラン核合意をめぐりフランス、ドイツ、イギリスの3か国の外相は14日、共同声明を出し、イランへの国連の制裁再開につながる紛争解決の手続きに踏み切ると発表しました。

声明ではイランが核合意から一方的に離脱したアメリカの制裁に対抗するためウランの濃縮活動を強化すると発表したことなどについて、イランが核合意で定められた義務を果たしていないとして「われわれに残された選択肢はない」としています。

一方で、今回の決定はあくまでイランに核合意を順守させ合意を維持するためだと強調しています。