DeNA今永 自主トレ公開 「20勝目指す」

DeNA今永 自主トレ公開 「20勝目指す」
プロ野球、セ・リーグで去年、自己最多の13勝をマークし、日本代表でも国際大会の優勝に貢献した、DeNAの今永昇太投手が自主トレーニングを公開し「20勝を目指したい」と意気込みを話しました。
今永投手は昨シーズン、自己最多でリーグ2位となる13勝をマークし、東京オリンピックの前哨戦「プレミア12」では、唯一の先発の左ピッチャーとして日本の優勝に貢献しました。

14日は母校、駒澤大のグラウンドで、ヤクルトの寺島成輝投手など他球団の左ピッチャー3人と行っている、自主トレーニングの様子を公開しました。

今永投手は80メートルほどの距離で遠投をしたあと、ことし初めてというブルペンに入りました。

キャッチャーを立たせてストレートだけをおよそ30球投げましたが、上体のぶれがなく、オフの期間の調整が順調だったことが確認できたということです。

練習のあと今永投手は「5年目のシーズンになるが、体の状態は今まででいちばんいい。前年の数字はすべてにおいて超えなきゃいけないし、20勝を目指してやっていきたい。オリンピックのことも頭の大半を占めているので、必ず選出されて結果を残したい」と話していました。