小5の張本妹 ジュニアの部4回戦へ 卓球全日本選手権

小5の張本妹 ジュニアの部4回戦へ 卓球全日本選手権
大阪市で開かれている卓球の全日本選手権は大会2日目の14日、張本智和選手の妹で小学5年生の張本美和選手が、ジュニアの部の女子シングルス3回戦で高校1年生の選手に勝って4回戦に進みました。
11歳の張本美和選手は、東京オリンピックの代表に内定した張本智和選手の妹で、その実力が注目されています。

張本選手は高校2年生以下で争うジュニアの部の女子シングルスに出場し、13日2試合に勝って、14日の3回戦で高校1年生の選手と対戦しました。

張本選手は第1ゲーム、序盤はミスが出ましたが、その後の勝負どころで威力のあるバックハンドを決め、11対8で奪いました。

続く2ゲームも連取した張本選手は、ゲームカウント3対0でストレート勝ちし、初めて出場した去年のジュニアの部と同じ4回戦に進みました。

張本選手は一般の部のシングルス1回戦にも出場し、実業団に所属する25才の選手と対戦しましたが、ゲームカウント1対3で敗れ、一般の部では3回戦まで進んだ去年の成績を上回ることはできませんでした。

張本選手は「一般の部の試合では攻撃に出たらカウンターを受ける一方、打たれると相手のパターンとなり難しかった。ジュニアの試合がまだ残っているので、できれば優勝、最低でもメダルを取りたい」と話していました。