睡眠不足の割合が2割超 増加傾向続く 厚労省調査

睡眠不足の割合が2割超 増加傾向続く 厚労省調査
睡眠で休養が十分にとれてないという人は全体の21.7%に上り、増加傾向が続いていることが厚生労働省の調査で分かりました。
厚生労働省はおととし11月に「国民健康・栄養調査」を実施し、無作為に抽出した全国3268世帯から回答を得ました。

それによりますと「睡眠で休養が十分にとれていない」という20歳以上の男女の割合は21.7%と、およそ5人に1人に上っていることが分かりました。

平成28年の前回調査より2ポイント上昇し、平成21年から増加傾向が続いています。

厚生労働省は健康の増進に向けて、令和4年度までにこの割合を15%にまで下げる方針を掲げていますが、目標に反して睡眠不足が広がっている現状が明らかになりました。

1日の平均睡眠時間をみると6時間未満の人の割合は男性が36.1%、女性は39.6%で、年齢別では、男性は30代から50代、女性は40代から60代で、それぞれ40%を超えています。

睡眠時間が不足している人や不眠に悩む人は生活習慣病などになる危険性が高く、厚生労働省は「調査の結果を分析して、今後の施策に反映させていきたい」としています。