評論家の坪内祐三さん死去

評論家の坪内祐三さん死去
幅広い分野で評論活動を展開し、文芸などをテーマにした数々のエッセーを残した評論家の坪内祐三さんが13日、急性心不全のため、東京都内の病院で亡くなりました。61歳でした。
坪内さんは東京出身で、月刊誌「東京人」の編集者を務めたあと独立し、政治からスポーツまで幅広い分野で評論活動を展開しました。

文芸などをテーマとしたエッセーを数多く執筆し、平成13年には、「慶応三年生まれ七人の旋毛曲り」で講談社エッセイ賞を受賞しました。

出版関係者によりますと、坪内さんは最近まで週刊誌の連載などの執筆を続けていましたが、13日未明、東京都内の病院で急性心不全のため亡くなったということです。