大相撲初場所3日目 鶴竜 白鵬 早くも2敗目

大相撲初場所3日目 鶴竜 白鵬 早くも2敗目
k10012245371_202001141858_202001141901.mp4
大相撲初場所は3日目、鶴竜と白鵬の両横綱がともに敗れ、今場所早くも2敗目を喫しました。
中入り後の勝敗です。
▽十両の英乃海に魁聖は、魁聖が寄り切りで勝ちました。

▽栃煌山に徳勝龍は、徳勝龍が押し出し。

▽新入幕の霧馬山に勢は、霧馬山が寄り切り。

▽照強に東龍は、照強が寄り切り。

▽志摩ノ海に琴恵光は、琴恵光が押し出しで勝ちました。

▽剣翔に琴奨菊は、琴奨菊が寄り切り。

▽千代丸に輝は、輝が押し出し。

▽佐田の海に千代大龍は、佐田の海が押し出し。

▽石浦に豊山は、豊山が押し出しで勝ちました。

▽碧山に隆の勝は、隆の勝が押し出し。

▽松鳳山に阿武咲は、松鳳山がはたき込み。

▽竜電に栃ノ心は、竜電が寄り切り。

▽明生に炎鵬は、炎鵬が下手出し投げで勝ちました。

▽宝富士に正代は、正代が押し出し。

▽阿炎に玉鷲は、取り直しの一番を制した玉鷲が押し出し。

▽御嶽海に高安は、高安がはたき込み。

▽新関脇 朝乃山に隠岐の海は、朝乃山が寄り切りで3連勝。

▽遠藤に大関 豪栄道は、遠藤が突き落としで3連勝。一方、角番の豪栄道は3連敗です。

▽大関 貴景勝に新小結 大栄翔は、貴景勝が押し出しで勝ちました。

▽北勝富士に横綱 鶴竜は、北勝富士が押し出しで勝ちました。二大関に続いて横綱を破って金星です。一方、鶴竜は2敗目です。

▽横綱 白鵬に妙義龍は、妙義龍が突き落としで勝ち金星を挙げました。一方、連敗となった白鵬は序盤で早くも2敗目です。

取組後の談話

照強は3連勝に、「会心といえば会心の相撲だった。体が勝手に動いてよかったと思う。一番、一番、集中していくだけですね。今月17日の誕生日を連勝で迎えられたらいいですね」と充実している様子でした。

2勝目を挙げた炎鵬は、支度部屋で首の裏を気にしながら「大丈夫です。きょうは勝てたので、後半へいい準備をしていける」と話していました。

新関脇 朝乃山は小結以上でただ1人3連勝、「自分の形になって寄り切れた。いいんじゃないですか。体がしっかり動いている。よけいなことを考えず1日、一番、自分の相撲を取り切るだけだ」と淡々と話していました。

二横綱一大関を破って3連勝の遠藤は「しっかり体が動いてよかったです」といつもどおり淡々と話していました。

一方、大関 豪栄道は3連敗、「もっと密着して攻めないとだめです。まあ立ち合い自体は悪くない。動きがかみ合えばね」と振り返っていました。

13日、初黒星の大関 貴景勝は大栄翔を破って2勝目、「毎日、一生懸命力を出しきる。だから切り替えもできる。人のことを考えずいちばん最高の自分を出すだけだ。ふだんやったことを発表する場だと思っているので、いちばんいい状態でいい相撲を取る」と話していました。
取組後に支度部屋で「てっぽう」をしていたことについては、「自分のいい感覚を忘れないうちにやった」と説明していました。

休場明けの横綱 鶴竜は2敗目を喫し、「立ち合いが軽い、それに尽きる。圧力がない、相手に力が伝わっていないのが自分で分かる。場所前に熱が出たことも影響があるがしょうがない。負けても自分のいい感覚を思い出していきたい」と悔しそうに話していました。

一方、金星を挙げた北勝富士は「しっかり前に圧力をかけて、引いてくれたらよいと思っていた。ふだんどおりに気持ちを高めて臨んだのがよかった。これを切らさないように集中してやるだけだ。金星で喜んでいる場合ではない。三役に定着しないと話にならないので、集中してやるだけだ」と15日を見据えていました。

序盤で早くも2連敗の横綱 白鵬は「足が流れた」と、ことば少なに振り返りました。
15日以降についての質問に対し、「あしたはあしたにならないと分からない」と出場を明言しませんでした。

一方、金星を挙げた妙義龍は「ちょっと驚いたがたまたまです。勝っても負けても喜んでいられない。若いうちは余韻に浸っていたけどね。結びで相撲を取れるだけでうれしい」と落ち着いた様子で話していました。