北朝鮮メディア「無視されるのは自業自得」と韓国批判

北朝鮮メディア「無視されるのは自業自得」と韓国批判
北朝鮮のメディアはキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が党の重要会議の演説で韓国との関係に言及しなかったことについて、「無視されるのは自業自得だ」と主張し、アメリカと合同軍事演習を続けている韓国を批判しました。
北朝鮮のキム・ジョンウン委員長は去年の年末、重要政策を決定する党の中央委員会総会で演説し、「遠からず、新たな戦略兵器を目撃することになるだろう」と述べてアメリカをけん制するなど、今後の米朝関係について立場を表明しましたが、韓国との関係には言及しませんでした。

これについて北朝鮮のメディア「メアリ」は14日付けで論評を掲載し、韓国がアメリカと合同軍事演習を続けていることについて、「同じ民族を狙った敵対行為にこだわっている。アメリカに追従し、われわれと合意した内容を1つも履行していない」と主張し、韓国を批判しました。

そのうえで「アメリカの承認を受けないと、民族の問題についても話し合いすらできない。無視されるのは自業自得だ」としました。

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は年頭のテレビ演説や記者会見で北朝鮮に繰り返し対話を呼びかけていますが、これについても北朝鮮側は反応を示していません。