センバツ入場行進曲は「パプリカ」

センバツ入場行進曲は「パプリカ」
ことし3月に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球の開会式の入場行進曲が14日発表され、小・中学生の音楽ユニットFoorinが歌う「パプリカ」に決まりました。
センバツ高校野球の開会式で使われる入場行進曲は毎年、世相を反映した曲やヒット曲から選ばれていて、ことしはFoorinが歌う「パプリカ」に決まりました。

この曲は<NHK>2020応援ソングとしてシンガーソングライターの米津玄師さんが作詞 作曲したもので、Foorinの5人のメンバーが軽快なダンスとともに歌う姿が幅広い世代から人気を集めています。

決定の理由について大会の主催者は「ことしは東京オリンピック・パラリンピックの年なので、センバツも同じスポーツ大会としてこの曲で盛り上げていきたい」と話しています。

またFoorinのメンバーは「球児の皆さんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします。大舞台に緊張するかもしれませんが、曲に合わせて、踊るような気持ちで行進してほしいと思います」とコメントしています。

ことしのセンバツ高校野球は今月24日に出場する32校が決定し、3月19日に開幕します。