あす日米韓外相会合「対北や日韓改善で意見交換」米国務長官

あす日米韓外相会合「対北や日韓改善で意見交換」米国務長官
アメリカのポンペイオ国務長官は、日本時間の15日アメリカで予定されている、茂木外務大臣や韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相との会談を前に講演し、挑発を強める北朝鮮への対応について方針をすり合わせるとともに、日韓関係をどのように改善するかについても意見を交わす考えを示しました。
ポンペイオ国務長官は日本時間の15日、茂木外務大臣や韓国のカン外相と3か国の外相会合を行う予定で、これを前に13日サンフランシスコで開かれた企業関係者らとの会合で講演しました。

ポンペイオ長官は北朝鮮の問題について「北朝鮮がここ数か月に発射した短距離弾道ミサイルは、アメリカの西海岸よりも日本や韓国にとってより大きなリスクになっている」と述べました。

そのうえで3か国の外相会合について「来月以降、北朝鮮にどのように対応していくかや、北朝鮮との交渉を続けるにはどうすればよいか話し合いたい」と述べ、挑発を強める北朝鮮への対応について方針をすり合わせる考えを示しました。

また「われわれには経済の問題や日韓の2国間の問題もある。日本と韓国の関係改善を後押ししたい」と述べ、日韓関係をどのように改善するかについても意見を交わす考えを示しました。