中学校で女が教員に刃物振りかざして逃走 千葉 流山

中学校で女が教員に刃物振りかざして逃走 千葉 流山
k10012244851_202001141521_202001141523.mp4
14日朝、千葉県流山市にある中学校の外階段の踊り場でうずくまっていた女が、教員に対して突然刃物のようなものを振りかざして逃げました。けが人はいませんでしたが、警察は近隣の学校に警察官を配置するなどして警戒にあたるとともに、逃げた女の行方を捜査しています。
14日午前7時前、千葉県流山市東初石の「常盤松中学校」で「2階の化学室に刃物を持った女がいた」と警察に通報がありました。

警察によりますと男性教員が化学室の換気をするため外階段に通じる扉を開けたところ、外階段の踊り場に女がうずくまっていて、教員が「どうしたのですか」などと声をかけると、化学室に入ってきて突然刃物のようなものを振りかざしたということです。

男性教員が近くにあった物を投げつけて抵抗すると女は外階段を走って降りて逃げたということです。当時、教室に生徒はおらず、教員にもけがはありませんでした。

警察によりますと逃げた女は20代くらいで、身長が1メートル50センチから60センチくらい、黒いダウンジャケットを着て青いズボンをはき、黒いリュックを持っていたということです。

警察は近隣の学校などに警察官を配置して警戒にあたるとともに、逃げた女の行方を捜査しています。

また流山市教育委員会によりますと14日は市内の小中学校は部活動などを中止し、集団下校をするということです。