障害者殺傷事件の被告「手の小指かみ切ろうと…」初公判で

障害者殺傷事件の被告「手の小指かみ切ろうと…」初公判で
相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害した罪などに問われている被告が、NHKの記者の接見に応じ、今月8日の初公判で手の小指をかみ切ろうとしたと説明したうえで、「ことばだけの謝罪だけでは納得できず、いちばんいい方法だと思った」と述べました。
植松聖被告(29)は平成28年、相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害した罪などに問われています。

今月8日に横浜地方裁判所で開かれた初公判で、被告は「皆様に深くおわびします」と述べた後、突然暴れて退廷を命じられました。

植松被告は14日、勾留されている横浜拘置支所でNHKの記者の接見に応じ、初公判での行動について、手の小指をかみ切ろうとしたと説明しました。

被告は「ことばだけの謝罪だけでは納得できず、いちばんいい方法だと思った。考えてとった行動であり、錯乱していたわけではない。2年ほど前からこうした行動をしようと考えていた」と述べました。

謝罪のつもりだったのかと尋ねると、被告は「自分が納得できなかっただけで、これで許してもらおうと思ったわけではない」と述べました。

そのうえで「次の日の朝、拘置所で右手の小指をかみちぎった」と述べましたが、厚みのある白い手袋を手首までしていて、指の様子は確認できませんでした。

植松被告の裁判は15日、3回目の審理が行われる予定です。