富山 駐在所襲撃 元大学生 起訴内容認める

富山 駐在所襲撃 元大学生 起訴内容認める
k10012244691_202001141306_202001141325.mp4
去年、富山市の駐在所に拳銃を奪う目的で押し入り、警察官にけがをさせたとして、強盗殺人未遂などの罪に問われている元大学生の初公判が開かれ、被告は起訴された内容を認めました。検察は拳銃を奪おうとした理由について「交際相手から別れを告げられ、拳銃を使えば楽に死ねると考えた」と述べました。
富山大学の元学生、前田将輝被告(23)は去年1月、富山市の池多駐在所に拳銃を奪う目的で押し入り、警察官をハンマーで殴りつけたり小刀で切りつけたりして軽いけがをさせたとして、強盗殺人未遂などの罪に問われています。

14日から富山地方裁判所で始まった裁判員裁判で、前田被告は「間違いありません」と述べ、起訴された内容を認めました。

検察は事件のいきさつを説明し、拳銃を奪おうとした理由については、「交際相手から別れを告げられ自殺を考え、拳銃を使えば楽に死ねると考えた」と述べました。

一方、弁護士は「被告はコミュニケーションがうまく取れない発達障害があり、以前から自殺願望を抱いていた。交際相手から別れを告げられ拳銃による自殺を考えたが、ハンマーで殴ったのは気絶させるためで、小刀で切りつけたのは捕まえられないようにするためだった」と述べ、殺意は確定的なものではなく、刑を軽くすべきだと主張しました。