東京 立川で4件のぼや 連続放火か

東京 立川で4件のぼや 連続放火か
k10012244611_202001141519_202001141520.mp4
東京 立川市の住宅地で12日から13日にかけて狭い範囲で4件のぼやが相次ぎました。警視庁は現場の状況から連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。
警視庁によりますと、立川市柴崎町で13日午後3時ごろ、住宅の屋外にある配管が焦げているのをこの家に住む人が見つけ、110番通報しました。

さらに午後4時ごろには近くの別の住宅で家庭菜園の植物が焦げているのが見つかりました。

周辺ではこのほかにも12日から13日にかけてぼやが2件相次ぎ、住宅の敷地内の畑に設置されたネットが燃えるなどの被害がありました。

4件の現場は半径100メートル以内の狭い範囲にあり、いずれも現場から燃えた布のようなものが見つかっているということです。警視庁は連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。

現場はJR立川駅から南西に1キロほど離れた住宅地です。

被害の住民「早く犯人捕まってほしい」

家庭菜園の植物が被害にあった住宅に住む20代の女性は「きのう帰宅したときに玄関先を見てみたら、家庭菜園のピーマンが焦げていて燃えた布のようなものが落ちていた。近所で相次いでいると聞いてとても怖いし、なぜこんなことをするのか分からない。早く犯人が捕まってほしい」と話していました。