11月の経常収支 原油価格下落で黒字拡大

11月の経常収支 原油価格下落で黒字拡大
日本が海外との貿易やサービスなどの取り引きでどれだけ稼いだかを示す去年11月の経常収支は1兆4000億円余りの黒字でした。経常収支の黒字は65か月連続です。
財務省の発表によりますと、去年11月の日本の「経常収支」は1兆4368億円の黒字で、黒字の額は前の年の同じ月に比べて6157億円増えました。経常収支の黒字は65か月連続です。

11月の経常収支の黒字額が大きく増えたのは原油価格の下落に伴い原油や石油製品などの輸入額が16.6%の大幅な減少となり、輸出から輸入を差し引いた「貿易収支」の赤字額が減ったためです。

一方、日本企業が海外の子会社から受け取った配当や利子などの稼ぎを示す「第一次所得収支」は1兆4575億円の黒字でした。

また「旅行収支」は2115億円の黒字でした。韓国からの旅行者が大幅に減ったものの、海外に出国した日本人も減少したため黒字額は去年の同じ月より174億円増え、11月の旅行収支の黒字額としては比較できる平成8年以降では最も多くなりました。