チェコ プラハ市が台北市と姉妹都市 反中国の立場を鮮明に

チェコ プラハ市が台北市と姉妹都市 反中国の立場を鮮明に
チェコの首都プラハ市が台湾の台北市と姉妹都市の協定を結びました。プラハは中国に厳しい姿勢をとる市長のもと、台湾との関係を強めていて、今回、こうした立場を一層鮮明にした形です。
チェコの首都プラハ市では13日、台湾の台北市と姉妹都市の協定を結ぶ調印式が行われ、フジプ市長と台北市の柯文哲市長が協定書に署名しました。協定では文化や教育、観光などの分野で両市の協力を強化していくとしています。

プラハ市のフジプ市長は台湾に留学した経験があり、おととしの市長就任後、台湾の当局者を各国の外交官が集まる祝賀会に招待するなど台湾との接近を図ってきました。

一方で当時、プラハ市と姉妹都市の協定を結んでいた中国の北京市に協定書から「1つの中国」に関する項目を削除するよう要求するなど中国に厳しい姿勢をとり、去年10月には北京市との姉妹都市の関係を解消しています。

今回、フジプ市長は「台北市とは民主主義の価値や基本的人権の尊重などを共有している」と述べていて、姉妹都市の協定締結で台湾との関係を強める立場を一層鮮明にした形です。