フィリピン さらなる噴火に警戒 1万人超の住民避難続く

フィリピン さらなる噴火に警戒 1万人超の住民避難続く
フィリピンの首都マニラ近郊の火山が噴火し、現地の当局はさらなる噴火の危険があるとして警戒を強めています。周辺の街では大量の火山灰が降って、1万人を超えるとみられる住民が避難を続け、住民の生活にも大きな影響が出ています。
フィリピンの首都マニラの南、およそ60キロにあるルソン島のタール火山の火口付近で12日、水蒸気爆発とみられる大規模な噴火が起き、当局の観測では噴煙はおよそ1万5000メートルの高さに達しました。

火口から南東に20キロほど離れた都市、リパで撮影された映像では、噴煙の周りに稲妻のようなせん光が走る様子が捉えられていて、ロイター通信は火山噴火では「火山雷」と呼ばれる稲光のような放電現象が起きることがあると伝えています。

フィリピンの火山地震研究所によりますと、依然、さらに大きな規模の噴火が起きる危険があり、噴火の警戒レベルを上から2番目のレベル4に引き上げて、警戒を強めています。

また、広い範囲で大量の火山灰が降っていて、火口から30キロ余り離れたバタンガスからの映像では、道路一面に灰が積もっている様子が確認できます。

火山灰を大量に吸い込むと健康に被害を及ぼすおそれがあるということで、当局は住民にマスクやタオルで口を塞ぐなどの対策を取るよう呼びかけています。

防災当局によりますと、火山周辺のバタンガス州とカビテ州の避難所には大勢の住民が詰めかけていて、避難を続けている人は1万人を超えるとみられ、住民の生活にも大きな影響が出ています。