卓球 張本選手の妹 美和選手がジュニア3回戦へ

卓球 張本選手の妹 美和選手がジュニア3回戦へ
卓球の全日本選手権が大阪市で開幕し、ジュニアの部の女子シングルスでは、張本智和選手の妹で11歳の張本美和選手が3回戦に進みました。
張本美和選手は、東京オリンピックの代表に内定した張本智和選手の妹で、11歳の小学5年生です。

張本選手は去年、初出場となった全日本選手権で、高校2年生以下で争うジュニアの部の女子シングルスでは4回戦、一般の部では3回戦まで進むなど、その実力が注目されています。

13日はジュニアの部のシングルスに出場し、1回戦をゲームカウント3対1で勝ち、2回戦は中学2年生の選手と対戦しました。

張本選手は第1ゲームを取った後、第2ゲームは強化してきたというバックハンドで打ち合いを制すなど11対3で奪いました。

第3ゲームも取った張本選手はゲームカウント3対0のストレート勝ちで14日の3回戦に進みました。

張本選手は、14日から行われる一般の部の女子シングルスにも出場します。

張本選手は、「きょうは大会初日だったので1回戦は緊張して足が震えていたが、2回戦は慣れてきてしっかりプレーできたと思う。ジュニアでは優勝するのがいちばんの目標で、一般の部では、去年より1回でも多く勝てるように頑張りたい」と話していました。