中東歴訪 安倍首相 「対話通じた解決への機運醸成が重要」

中東歴訪 安倍首相 「対話通じた解決への機運醸成が重要」
安倍総理大臣は、日本時間の13日夕方、中東歴訪最初の訪問国サウジアラビアでの日程を終え、記者団に対し、緊張緩和の動きがみられるとしたうえで、対話を通じた解決に向けて機運の醸成が重要で、日本ならではの粘り強い外交努力を続けていく考えを示しました。
この中で、安倍総理大臣は「サルマン国王、ムハンマド皇太子と会談し、緊迫する中東情勢について、詳細かつ率直な意見交換を行った。事態のさらなる悪化を避けなければならない。すべての関係者が自制的に対応し、あらゆる外交努力を尽くすべきだという認識で一致した」と述べました。

そして、「日本は、この中東地域にエネルギー資源の多くを依存している。外交努力と合わせて、日本関係船舶の航行の安全を確保するため、自衛隊派遣について、完全な理解と支持を得ることができた」と述べました。

さらに安倍総理大臣は、このあと訪問するUAE=アラブ首長国連邦とオマーンについて、サウジアラビアと同様、地域に大きな影響力を持つ国々だとしたうえで、「関係国の自制的な対応により、緊張緩和の動きがみられる。この機会をいかして、地域のさまざまな問題について、平和的で、対話を通じた解決に向け、機運を醸成していくことが重要だ」と述べ、中東各国と友好関係を築く、日本ならではの粘り強い外交努力を続けていく考えを示しました。