大相撲初場所 遠藤が白鵬に勝って2日連続金星

大相撲初場所 遠藤が白鵬に勝って2日連続金星
大相撲初場所は2日目、平幕の遠藤が横綱 白鵬に勝って2日続けて金星を挙げました。
中入り後の勝敗です。

十両の琴ノ若に新入幕の霧馬山は、琴ノ若がはたき込みで勝ちました。

魁聖に徳勝龍は、魁聖が押し出し。

栃煌山に東龍は、東龍がはたき込み。

志摩ノ海に勢は、志摩ノ海が突き落とし。

照強に琴奨菊は、照強が下手投げ。

千代丸に琴恵光は、琴恵光が押し出しで勝ちました。

剣翔に千代大龍は、剣翔が寄り切り。

石浦に輝は、輝が押し出しで勝ちました。

佐田の海に隆の勝は、佐田の海が上手出し投げ。

竜電に豊山は、竜電が寄り切り。

碧山に松鳳山は、碧山がはたき込みで勝ちました。

栃ノ心に阿武咲は、栃ノ心が押し出し。

宝富士に明生は、宝富士が寄り切り。

正代に炎鵬は、正代が上手投げで勝ちました。

新小結 大栄翔に妙義龍は、大栄翔が押し出し。

玉鷲に新関脇 朝乃山は、朝乃山が送り出し。

大関復帰を目指す高安に隠岐の海は、高安が押し出し。

北勝富士に大関 貴景勝は北勝富士が押し出し。

大関 豪栄道に御嶽海は御嶽海が寄り切り。

遠藤に横綱 白鵬は、遠藤が切り返しで勝ちました。初日に横綱 鶴竜を破った遠藤は2日連続の金星です。

横綱 鶴竜に阿炎は、鶴竜がはたき込みで勝ちました。

初場所2日目談話まとめ

十両の琴ノ若は、幕内の土俵で白星をあげ「落ち着いていけた。一瞬、一瞬の駆け引きをすることができた。勝ち越して幕内に上がってここで15日間相撲を取りたい」と淡々と話していました。

2連勝の照強は、「しっかり当たっていったのがよかったと思う。いい感じで体が動いている。この調子であすも気分よく相撲を取れるようにしたい」と笑顔で話していました。

今場所初黒星の炎鵬は、「止まってしまったのがよくなかったですね。消極的すぎました。あすはもっと相撲になればいいかなと思います」と悔しそうでした。

2連勝の新関脇 朝乃山は、「張り手をされて一瞬カッときた。落ち着いて相撲を取らないといけない。快勝ではないが、体が動いて相撲を取れているのでいいと思う。またあす切り替えて自分の相撲を取れるようにしたい」と充実感を漂わせていました。

大関 貴景勝は今場所初黒星に「一からもう1回、頑張り直さないと。これから負けたとしても勝ったとしても目指すものはあるから」と厳しい表情で話しました。

一方、貴景勝を破った北勝富士は、「冷静に相撲を取ることができた。大関は突き落としもいなしも強いので、そこも意識してね。序盤は上位と当たる番付なのでここで勝っておくとのちのち楽になる。この連勝をむだにしないようにあすから頑張ります」と満足している様子でした。

大関 豪栄道を破って今場所初白星の御嶽海は、「1つの白星なのであすから白星を重ねるだけだ」と目を閉じながら話していました。

2日目にして黒星を喫した横綱 白鵬は、「相手にうまさがありましたね。やっぱり強引すぎたなと。まあいい相撲だったとは思いますが・・・」と淡々と振り返っていました。

一方、2日続けて金星をあげた遠藤は、「勝ってよかったです。しっかり集中できているという感じです。あす以降、自分の相撲を取れるように頑張ります」と振り返ったうえで、取組後に館内から”遠藤コール”が沸き上がったことについては、「うれしかったです」と淡々と話していました。

休場明けの横綱 鶴竜は、今場所初白星、「いい相撲ではなかったが1日1日重ねていけば感覚が戻ってくる。きのうよりはきょうという感じできていると思う。きのう負けたので1つ勝ったのはよかった。まだ何も始まっていないと思う」とほっとした様子でした。